2010年07月15日

ボビーとの思い出

ニューヨークから太って帰国しているチヒロックです

昨夜久しぶりに体重計に乗ってみた
な、な、なんと2キロも増えているではありませんか!
ただでさえ重いのに、オーリーがもっと重くなる
今日から出来る範囲で減量します(宣言しておくと効果あるかな)
大食漢の私の出来る範囲ってどこまでなんだろ


ニューヨークでいっぱいファーストフードを食べました
マクドナルド
ケンタッキー
タコベル

自炊もしたけど、やっぱり買い食いばっかりしてたな


SOHOで偶然ボビープレオ先輩に会った事を書きましたが、ボビーの働いているカフェにも行ってきました
36362_137042739654637_100000467344429_331896_6320039_n.jpg

ボビー今はTrafficだけどね、その昔enjoiにいたんですよ

「火曜、水曜、木曜、金曜は働いているから良かったらコーヒー飲みに来て」
そう言ってもらったからには絶対行かなくちゃ!!!!!
photo-5.jpeg
ボビーの事が大好きな竜と一緒にカフェへ
どきどきしながら扉を開けると、目の前にボビーが立っていました
「やぁ!ボビー久しぶり!」
竜が話しかけるとボビーは嬉しそうに
「元気かい?良く来たね。コーヒーは飲むか?ホット?アイス?アイスで良いか?スモール?ラージ?」
「ラージ!」
すごい早さでしゃべって、こっちの返事も適当でミルク入りのラージサイズを2つもくれた
「お金は?」
「気にするな、俺のおごりだ!俺は配達に行ってくるから待っててくれ」
そう言い残してサンドイッチの配達に出かけた
photo.jpeg
あのボビーにコーヒーをごちそうしてもらえるなんて、夢にも思わなかった我ら
それはそれは美味しいコーヒーだった
photo-2.jpeg
photo-3.jpeg
可愛い店内、ベジタリアンのサンドイッチメニューが並んでた
「ボビーが帰って来たらおすすめを聞いて注文しよう」
そう話していると5分程度で戻って来た
「ニューヨークはどうだい?楽しんでいるか?もう一度名前を聞いても良いかい?
そういえば、雑誌で君を見たと言ったけど小さな本だよ。こんなサイズのね。何だったけな、本の名前。」
小さな冊子に2年前のボビーと映した写真が載ってた、て話してくれた
photo-7.jpeg
それは絶対あれだよ、あれ!
「COLORFUL!!!!」
「そう!それだ!!!それを見たんだよ、友達が持っててね」
ニューヨークにCOLORFULを送ったけど、その枚数は5枚程度だったはず
その1枚をボビーの友達の手に渡り、それをボビーが読んでくれていたなんて

「ボビー、君のおすすめはどれ?」
「ここはベジタリアンのお店だけど良いの?おすすめはこれ、これ、あとこれだな!」
パニーニとサラダが付いているプレートを2種類頼んでみた
ボビーが伝票を書いてくれて、カウンターの中のスタッフに渡した
「俺はまた配達に行かなくちゃならないけど、君たちはゆっくりしてってくれ」
そう言ってまたサンドイッチの配達に出かけた
ボビーの出立ちは今日も同じ
白いTシャツ、メッツの帽子、立派なヒゲ、コーディロイパンツ(カットオフタイプ)
photo-4.jpeg
写真右:ボビー(パパラッチ)
靴はサッカニーだった
前に会った時はVOX、その前はI-PATHを履いていた
ボビーが帰ってくる前に私達のテーブルに料理が来た
photo-1.jpeg
美味しそう
だけどね、お金払ってないの
汗だくで戻って来たボビーにお金の事を話した
「いいんだ、気にするな。美味しいかい?それは良かった!今日は忙しい。今度は2件配達に行くから、いつ戻ってくるか分からない。俺を待たなくて良いからね。」
そう言ってまた配達へ出かけて行った
あのボビーが私達にパニーニをごちそうしてくれた
あのボビーが!?信じられない!

ボビーに色々してもらったのはいいけど、私達は彼に何もしてあげれていない
そう思ってプレゼントを買う事にしたんです
コーディロイパンツ?サイズが分からないね
靴も分からない
食べ物?ベジのお店で働いているからマカナイもあるだろうし、好き嫌いもあるだろう
じゃぁ白Tシャツ!!!
あーでもないこーでもないと相談して、白いTシャツを2枚と日本から買って行ったギャツビーのさらさらボディータオルをプレゼントする事に
彼へメッセージも添えた

カフェからまた配達へ向かうボビーに手渡す竜
photo-6.jpeg
パパラッチ
「アメージング!!とても嬉しいよ!!」
ボビーにニューヨークのストリートスポットの写真を見せて場所を聞いています
「また是非食べにおいで!じゃぁね!」


あのボビーさんはとても親切だった
アメリカのプロスケーターでもスケートだけで食べて行ける人は少ない
PJやシェクラーみたく、エンターテナーの様な存在なら話は別だけど
カフェで配達の仕事をした後は、決まってブルックリンでスケートをしているそうだ
はるばる日本から
「あなたに会う為にニューヨークへ来た」
と告げた2年前の会話をボビーは覚えてくれてたんだと思う
また俺に会いに来てくれた
そう思ったのかもしれない
こんなに良くしてもらった事を私達は一生忘れない!
ボビーありがとう☆



それから3日後くらいにブルックリンのマクラーレン?マクレーン?パークで偶然また会った
近くのデリで竜がボビーの為に水を買った
ボビーに渡したら
「この水は悪い成分が入っているから飲めない」
デリやスーパーで売っている一番ポピュラーなポーランドスプリングって言う水
ボビー曰く、なんちゃらかんちゃら(聞き取れず)という成分は体に悪いらしい
「飲む水は一種類だけなんだ。なんちゃらかんちゃら(聞き取れず)ってやつさ!」
という事らしい
やっぱりベジのお店で働いているだけあって、そういう面をすごく気にするんだ!
「明日またカフェに食べにおいで」
そう言ってくれたけど、スケートの時間が惜しくて食べに行けなかった


それから2日後くらいにボビーのルームメイト(日本人)と偶然ユニオンスクエアで会った
水を断られた話をすると
「そんな事言ってたの?水にこだわってるなんて知らなかったな。ポーランドスプリングとか飲んでるんじゃないの?あいつ適当な事言ってるかも!」
て笑い飛ばされた


ボビー
またあなたに会いたいです




チヒロック


posted by チヒロック at 10:36| Comment(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。