2009年12月04日

台北旅行記 ジェントルマンと小龍包を食す

チヒロックです

前回の続きです
強制観光「ナルワントツアー」を強行突破した後、我らが目指したのはJIMI skateshopです

ドキドキしながら店内に入ると、イケメンスタッフが親切に対応してくれました
41391183_3603436647.jpg
英語を毎日勉強していますが、なかなか上達しない私
なんて説明したらいいのやら、おどおどしていたら
「まずはゆっくりしてね。君たちがリラックス出来たら話しをしよう。」
て言ってくれたんです
いや〜参りました
あまりにもジェントルマン過ぎる言葉に、つくづく異国だという事を実感しました☆
そのJIMIについてのブログはこちら

事前にfacebookでコンタクトをとっていたアーディーに会いたかったのに、彼はJIMIの姉妹店で働いているらしく「ここにはいない」と言われてしまったんです
彼等の仕事が終わったらストリートで一緒に滑る約束をし、それまでの間私達はどの様に過ごすかを考えました

台北へ来た目的はスケート、それ以外の予定を何も考えていなかったのでガイドブック片手に悩んだあげく、小龍包を食べてから夜市へ行く事にしました

するとスタッフNICKが台北で有名な小龍包屋さんまで案内してくれる事になりました
徒歩で向かう事10分弱
仕事を抜け出して来ているはずのNICKは私達を心配し
「一緒に食べる」
と言い出したんです
えーーーーーーー???
41391183_789438537.jpg
で、結局NICKは我々と小龍包を食べました
41391183_2740162396.jpg
仕事は大丈夫なのか?と聞くと
「心配いらない、僕はマネージャーだから」
と言うんです
41391183_488165185.jpg
ちえちゃん、美味しそうに食べます
41391183_3558961216.jpg
恭子ちゃん、じっくり味わって食べてます
41391183_1754352605.jpg
私、喉が痛過ぎて味が分からない...

私以外の3人は「大変満足」されていた様なので、間違いなく美味しいお店だったと思います
私は健康な時にリベンジしたいな
お腹いっぱい色々食べて4人で3600円

それから最寄り駅が分からない私達を駅まで案内してくれました
仕事は本当に大丈夫なの?
と聞いてもやっぱり答えは一緒
「心配いらないよ」
...親切過ぎる

駅まで行ったのに結局タクシーで私達3人は夜市へ向かい、彼等の仕事が終わる頃に待ち合わせ場所へ向かいました
が、生憎の雨になってしまいました
「明日、お店(JIMI)が13時に開くからその頃においで。一緒にランチをしよう。それからその後は一緒にスケートをしよう。」

私達を歓迎してくれているのがすごく伝わって来ます
感謝
感謝

3日目のスケートのお話はまた次回...



チヒロック


posted by チヒロック at 17:49| Comment(4) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その後が気になる〜〜!!
ついついタクシー使っちゃうよね〜〜☆
俺も台北や台中とか違う街の時はバイクが無かったから主にタクシー移動!!
Posted by LEE TETSUKI at 2009年12月05日 00:06
LEEくん>
そうでしょ、そうでしょ
タクシーやばいよね!!!便利すぎるし、親切だし、ちょっと道を迷っただけで割引してくれるし☆最高です:)
原付バイクの2人乗りもしてみたいな:D
日本じゃ違法だけど、台湾は暗黙の了解なのでしょう?
Posted by チヒロック at 2009年12月05日 01:09
JIMIに入った時、イケメン揃いでびっくりしたよ。
イケメンなうえに、めちゃ×2親切ってちょっとズルイよねぇ。w

Nickと私の写真。
これね、小龍包の食べ方をジーッと見てたら「OK,僕が先に食べ方見せるよ」的なやりとりなのです。
んー、本当にジェントルマン!!

小龍包おいしかったぁ〜☆
Posted by ちえ at 2009年12月08日 14:10
ちえちゃん>
イケメンで親切=勘違い が発生する系だよねwww
NICKはジェントルマンすぎてドキドキするねwww
小龍包リベンジしたいです:)
Posted by チヒロック at 2009年12月09日 15:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。